toggle

第25回日本語作文コンクール

第25回 日本語作文コンクール

日本語作文コンクールとは

第25回日本語作文コンクール (2018年10月23日)

初級
最優秀賞
エイ チー ピュー(ミャンマー)
優秀賞
テイ シイ ミン(台湾)
優秀賞
リ カ エイ(中国)
優秀賞
リン ギョク ショウ(台湾)
優秀賞
カ シヨ(中国)
優秀賞
ヴォン ヴァイ トン(マレーシア)

中級
最優秀賞
ゴ セン ギ(台湾)
優秀賞
アルバ ピレス ペレア(スペイン)
優秀賞
キン ソウ メイ(中国)
優秀賞
トゥメンバヤル ダワー ジャルガル(モンゴル)

上級
最優秀賞
ナン ハンニー アウン(ミャンマー)
優秀賞
オドゲレル アミリラン(モンゴル)
優秀賞
ウィン ピェ ピェ アウン(ミャンマー)

第25回 講評

第25回留学生による日本語作文コンクール2018年度の表彰式が大阪日本語教育センターで実施され、初級、中級、上級の部合わせて143名が応募されました。
今年の入選されました13名の作文は、審査員も甲乙付け難く頭を痛めました。
当ロータリークラブで厳選な審査の結果、13名が入選し山本会長より賞状と副賞及び参加賞が授与されました。(2018年10月23日)

応募頂きました多数の留学生の皆様方に御礼と感謝を申し上げますと共に大阪日本語教育センターの先生方の指導力にも大変敬意を表します。
又、審査員の皆様並びご多忙中表彰式に参加頂きました当クラブの委員の皆様方には、厚くお礼申し上げます

国際交流基金運営委員会  委員長  巽 健一

会長挨拶

大阪鶴見ロータリークラブの今年度会長を勤めます秀島です。

日本語作文コンテストは、1989年に大阪鶴見ロータリークラブの設立5周年記念事業として設立された国際交流基金を基に発足しました。今年は24回目になりますが、大阪鶴見ロータリークラブが設立33周年を迎えているなかで、基金の発足以来28年にわたる長期のプログラムになっているわけです。

学生の皆さん! 皆さんの学力が年々向上し、本当に立派な日本語作文が提出されますので、クラ ブの選考委員は順位をつけるのに毎年苦労しております。
コンクールですので、どうしても入選作 を選ばねばならないのは実に切ない思いです。しかし一方で、皆さんの作文を読み、若くみずみずしい感性に触れてあらたな喜びを感じております。入選なさらなかった作品もしっかり心に受け止めさせて頂いていますので、がっかりしないでますます日本語学習に励んでくださいね。
大阪日本語教育センター様からは鶴見区民祭りと国際交流のつどいにも例年参加しご協力を頂いております。この機会をお借りして、先生方にも深く感謝申し上げてご挨拶とさせて頂きます。

過去の入賞作品アーカイブ

■第1回(1994年) ■第2回(1995年) ■第3回(1996年) ■第4回(1997年)
■第5回(1998年) ■第6回(1999年) ■第7回(2000年) ■第8回(2001年)
■第9回(2002年) ■第10回(2003年) ■第11回(2004年) ■第12回(2005年)
■第13回(2006年) ■第14回(2007年) ■第15回(2008年) ■第16回(2009年)
■第17回(2010年) ■第18回(2011年) ■第19回(2012年) ■第20回(2013年)
■第21回(2015年2月) ■第22回(2015年10月) ■第23回(2016年10月) ■第24回(2017年10月)
■第25回(2018年10月)